九州視覚障害ゴルファーズ協会のホームページにようこそ
メニューリストを読み上げます
ホーム ごあいさつ 会の紹介 お知らせ これまでの活動
ブラインドゴルフについて 韓国の仲間たち リンク 韓国語
 九州視覚障害ゴルファーズ協会の紹介
 協会の理念
当協会は、視覚に障害があり、一人ではプレーが困難なゴルフというスポーツを、健常者(ガイドキャディ)の サポートを受けながら、残った機能を使ってプレーすることで、視覚障害当事者に、より積極的な社会参加を促すことを目的としています。
そのことによって、社会に対して障害者とそのスポーツを更に正しく理解してもらい、その認識が高まることで、障害者と健常者の垣根が取り払われ、 バリアフリーの社会が実現することを望んでいます。


なぜゴルフなのかをよく問われます。視覚障害者のスポーツは数多くあり、パラリンピックなどで採用されているスポーツもあります。視覚障害者ゴルフ (ブラインドゴルフ)は障害者同士だけで競うのではなく、健常者のゴルフと同じ舞台、同じ道具、そして同じルールでプレーが出来るということに大きな 意義があるのです。
つまり、健常者と同じ舞台でプレーすることにより、障害のあるなしに関係なく、ひとつの目標に向かって進むことが、共に支え合う共生社会の構築の推進に 役立ち、つながって行くと確信しているのです。このような理念のもと活動を行なっています。
 活動方針
協会の理念を達成するため、次のような特定非営利活動を行ないます。


 (1)保健、医療又は福祉の増進を図る活動
 (2)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動


【主な事業】
 特定非営利活動に係る事業
  @視覚障害者ゴルフ国際大会の開催事業
  A他団体主催のゴルフ大会へ選手の派遣事業
  B選手およびガイドの強化育成事業


【その他の事業】
  @広告事業
  Aチャリティゴルフ大会開催事業


具体的な活動としては、毎年5月中旬に福岡県宗像市の福岡国際カントリークラブにおいて、視覚障害者ゴルフ親善大会を行っています。この大会は、 国内からの視覚障害プレイヤーとガイドキャディ、および県内を中心とした一般健常プレイヤーが参加し、また大会スタッフとして、ボランティアサポーターの 協力を得て実施しています。
そしてこの大会には、毎年韓国から視覚障害プレイヤーとガイドキャディの参加をいただいています。ゴルフを通じてお互いの親睦が深まり、「絆」が強固な ものとなり、スポーツのみならず文化的にも交流を行なうことによって、両国の友好と親善に寄与しています。
 役員
平成26年   
役  職 氏   名 住    所
理 事 長 楠原 宏和 福岡県宮若市
副理事長 高松  久 福岡県直方市
理  事 清水 英吾 福岡県直方市
監  事 浦野 光生 福岡県直方市
 協力企業および団体
当協会の活動に対し、ご支援、ご協力をいただいている企業、団体をご紹介致します。(企業名・団体名、アイウエオ順)
キャロウェイゴルフ株式会社
九州労働金庫
スコーレ若宮
株式会社デサント福岡支店
財団法人 西日本国際財団
ノガミゴルフ倶楽部
ブリヂストンスポーツセールスジャパン株式会社
ベストゴルフチクホ
ヨネックス株式会社福岡営業所
社会福祉法人 読売光と愛の事業団西部支部
若宮ゴルフクラブ
九州視覚障害ゴルファーズ協会
(VIG九州)
〒823-0011福岡県宮若市宮田75-4(楠原方)
TEL/FAX 0949-32-4185